眼科疾患について
M e n u
トップページ 治療方針 診療内容 交通案内              

眼科疾患の病態・治療について

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性には大きく分けて二つのタイプがあるといわれています。
1)滲出型
  新生血管(異常な血管)が絡んでいるタイプと網膜の新生血管か脈絡膜の新生血管ができて、黄斑部に悪影響を与えるタイプがあります。
  新生血管の血管壁が脆弱のため、浸出液または出血し黄斑組織内に滲出し(漏れ出し)、黄斑機能を障害し視力低下や変視症〈へんししょう〉(物がゆがんで見える)、中央の視野が欠ける、などの症状で日常生活に支障をきたすことがあります。

2)萎縮型
  加齢により黄斑部が変性を起こし、視野の欠損や歪み、視力低下を起こします。

脈絡膜新生血管(若年性黄斑変性症)
50代未満で発症する脈絡膜新生血管を伴う黄斑変性症です。

病院の加齢黄斑変性の治療
1)萎縮型の加齢黄斑変性
 残念ながら萎縮型の加齢黄斑変性には現在のところ治療方法はありません。

2)滲出型の加齢黄斑変性
(1)光線力学的療法
(2)薬物治療(VEGF阻害薬)
(3)レーザー凝固
(4)手術

網膜色素変性症

遺伝子変異による視細胞とくに杆体の変性によって起こる疾患で、眼の中で光を感じる組織である網膜に異常がみられる病気です。
特徴的な症状は、夜盲(暗いところでものが見えにくい)、視野狭窄(視野が狭い)、視力低下の3つです。

病院の網膜色素変成症治療
網膜色素変性に対しては、現在のところ残念ながら根本的な治療法がありません。

緑内障

視神経が傷害される病気です。
眼圧が上昇し視神経が傷害されるタイプ、 眼圧が正常のないに眼圧に対する視神経の抵抗力が弱いタイプがあります。
1 開放隅角緑内障
防水の排水口でフィルター(線維柱帯)が目詰まりして防水の水はけが悪化し眼圧が上がって起こるタイプ
開放隅角緑内障の中には眼圧が特に高くない正常眼圧緑内障が日本人には多いとされています。正常眼圧が10〜21mmHgなのに、もともと日本人は眼圧が低い、個人差があり視神経の抵抗力が弱いなどの説があります。
2 閉塞隅角緑内障
角膜と虹彩の間の隅角が狭くなり、排水口が塞がれ、防水が目の外に流れにくくなり眼圧があがって起こるタイプです。

病院の緑内障の治療
(1)薬物療法
(2)レーザー治療
(3)手術

眼精疲労

疲れ目とは一定の期間、休養や睡眠で良くなる目の疲労のことです。
         眼精疲労は、不快な症状が続き何らかの手を打たなければ、自然には治りにくいです。「目が疲れる」「目が痛い」などから頸や背中の痛み凝りなど全身症状も起こります。 眼精疲労はほとんど長時間のVDT作業、テレビ、読書など目を酷使より起きたものだと考えられますが、ドライアイ、眼の機能低下や他の病気によるものもあります。眼精疲労の原因は多種多様で、人によって原因が違います。

(1) 筋肉、視神経の異常による疲労
眼球の位置を調整する外眼筋と目のレンズである水晶体の厚さを調整する毛様体筋などがあります。これらの筋肉に疲労がたまります。 筋肉のほかに、視神経の疲労があります、目を酷使して、視神経の働きが悪くなって起こる疲労があります。パソコンなどの画像情報端末を長時間見ていると、視神経が光と色の刺激を長時間受けて疲労します。

(2)調節機能の低下
目に問題があって発生するものとして、度の合わない眼鏡近視、遠視、乱視、老眼、白内障、緑内障により目の組織にかかる負担が増え発生するもの。 目の筋肉疲労が原因で、焦点を合わせるのに必要な調節機能が低下するために起こる疲労。 (3)ストレスが原因
精神的なストレスが高まると、交感神経が興奮し、自律神経のバランスが崩れ、筋肉の緊張や血行障害を起こし、眼精疲労の症状が現れ、眼精疲労による見えづらさが、さらにストレスとなり、悪循環になってしまいます。 原因によっては病気を治療し、眼精疲労の症状を完全に解消できないものがあります。

強度の近視

強度近視(眼球の前後の長さが著しく伸びた状態)
目の働きはよくカメラにたとえられますが、外界から入ってきた光はレンズに当たる角膜と水晶体で屈折し、フィルムに当たる網膜で像を結びます。ピントが合って網膜上でぴたっと像が結び鮮明に見える目を「正視眼」といい、ピントが合うためには屈折力に加え、眼球の前後の長さ(眼軸長)が重要です。  近視とは、この眼軸長が異常に伸びてしまったために、網膜より前方で像を結んでしまう状態です。さらに、眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が一定の基準を超えて著しく長い状態は、強度近視と定義づけられています。 角膜が伸ばされてもろくなり、そのため、網膜の細胞とつながっている視神経の血流が悪化、し緑内障などの合併所を引き起こす危険性があるといわれています。

眼瞼痙攣

眼輪筋(まぶたを閉じる筋肉)が不随意に収縮する病気です。目が開けにくい、まぶしいなどの症状があり、 まぶたがピクピクする寝不足、疲労、季節の変化、精神的緊張などで起こる痙攣の、ミオキミアとは、まったく別の病気です。

発症の原因について
瞬きを司る脳神経の働きに異常が起こる説や、抗不安薬など別の病気のために飲んだ薬が引き金とる、ケースがあるといわれていますが、まだ完全には解明されていません。そのため、治療は症状を抑える対症療法が中心となっています。
眼輪筋を含めて顔の筋肉は脳から出る顔面神経によって制御されていますが、両側性の眼瞼けいれんの原因は、顔面神経に指令を与える脳の深部(大脳基底核(だいのうきていかく))の異常と されます。
一方、片側性のものは脳を離れたあとの顔面神経が、筋肉へ至る走行経路の途中で血管や腫瘍などに圧迫されて発症します。 また逆に、神経には異常がなく、眼球に異常があってまぶたが開きにくいこともあります。線維束収縮は、ごく一部分の神経の表面の被膜が障害されて起こります。

病院での治療
筋肉の過度は収縮を抑えるボツリヌス療法(ボツリヌス菌の毒素を痙攣している筋肉に注射する方法です。)
薬物治療
手術

網膜静脈閉塞症

閉塞部位によって、網膜中心静脈分枝閉塞、網膜静脈分枝閉塞の2種類に別けられます。
頻度として網膜静脈分枝閉塞が多く発症します。

網膜中心静脈分枝閉塞
中心動脈に動脈硬化が起こり、中心静脈が圧迫されて、血栓が形成され静脈閉塞が生じます。
症状として急激な視力低下、視野全体が暗くなります。
非虚血型(静脈うっ血型)と虚血型(出血型)があります。

網膜静脈分枝閉塞
静脈分枝の交差部が動脈硬化により動脈に静脈が圧迫されて起こ血栓ができ、
網膜に浮腫や出血が起きやすくなります。
症状として視野の一部が暗くなり見えにくくなり、黄斑浮腫を併発すると変視症や視力低下が生じます。
60歳以上で片眼に生じる事が多く発症します。

病院の網膜静脈分枝閉塞の治療
(1)レーザー治療
(2)ステロイド薬
(3)VEGF阻害剤の注射

inserted by FC2 system
東洋医学
当院での鍼灸治療について
証(タイプ)を分けて治療していきます
1 原因は外因・内因
2 外感優位・内傷優位
3 どこの経脈に異常があるか経絡病証
4 どこの臓腑に異常があるか臓腑病証

眼科疾患の場合、体質の改善は基本ですが、頸の回りの経穴の部位で頭部の流注を確認し治療することで頭部への血流ばかりではなく、脳脊髄硬膜の改善を計ります。

内臓の血流が悪い場合は、内臓の血流の改善が頭部の循環に繋がります。

発症初期の場合、最初の3ヶ月は週2回の治療をベースにして、その後経過を見ながら頻度を減らしていくことがベストですが、身体の状態や長時間のパソコン作業などで眼を酷使する場合には状態によっては経過を見ながら治療をしていきます。 ある程度改善の後は予防、再発防止のためにも治療の継続が良い結果をもたらします。

特に網膜色素変性症については進行を遅らせることを目的に治療を進めていきます。

眼精疲労についての治療効果は、原因や目の状態によって個人差があります。

眼瞼痙攣についての鍼灸治療は補助的な治療もしくは、治療後の違和感などにお勧めいたします。

網膜静脈閉塞症について特に身体全体から局所に導かせる治療を進めています。






inserted by FC2 system