トップページ

東洋医学的頭痛の捉え方について



現代医学では緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛、頭部外傷に伴う頭痛、
頭蓋内の疾患、血管障害に伴う頭痛、非血管性頭蓋内疾患に伴う頭痛、
    代謝疾患に伴う頭痛、感染症に伴う頭痛、神経痛(とく後頭神経痛)
    などに分類して考えられています。
東洋医学的
頭痛の捉え方
東洋医学的頭痛の捉え方として外感と内傷に分別し、
外感は2種類と内傷5種類にタイプを鑑別しています。

外感頭痛風、寒、湿、熱の外邪により身体・頭部に侵入することで起こる頭痛

外感頭痛の分類 1 風寒による頭痛
寒邪が作用して頭部に気血の運行の障害が生じると起こる。
頭部は諸陽の会である。風寒が襲い頭部を侵し頭部の経絡が滞り頭痛の発作をみる。
太陽病が寒邪に侵されるため痛みは後背部に及ぶ。
舌苔薄白、脈浮は風寒束表の証候である。

2 風熱による頭痛
熱(火)邪には炎上する性質があり、このため気血が頭部に逆乱して起こる。
熱は陽邪であり、炎上性をもつ、風熱が上部に鬱して脈絡が阻滞し頭脹、破裂感を伴う頭痛がする。
舌質紅、脈浮数は風熱邪盛の証候である。

3 風湿による頭痛
湿のために清陽が頭部に到達しないと起こる。
外感風湿、上犯巓頂、清空蒙蔽(モウヘイ:清竅を蒙閉し清陽の気が上らない)、頭が包まれたような
頭痛が生じる。
苔薄膩、脈濡は湿邪の証侯である。

内傷頭痛「脳は髄の海」といわれおり、これは主として肝腎に蔵されている精血と
脾胃の運化による水穀の精微により栄養されていて、内傷頭痛は脾腎肝三臓と密な関係がある。

内傷頭痛の分類 1 肝陽亢進による頭痛
肝陽が亢進し頭部に影響すると起こる。
肝失条達、肝陽上亢、上擾清竅(ジョウジョウセイキョウ:肝陽が亢進し清竅に影響する)のため頭痛、
眩暈が生じる。
舌質紅、舌苔薄黄、脈弦・有力は肝陽偏盛の証侯である。

2 痰濁による頭痛
痰濁が頭部に影響し、清陽がうまく頭部に達しないと起こる。
脾失健運(脾の運化作用の低下)、痰濁中阻(痰濁が胸隔部に阻滞する)、上擾清竅(痰濁が上逆する)、
清陽不昇により頭痛、眩暈を生じる。
舌苔白膩、脈滑または弦滑は痰濁内停の証侯である。

3 オ血による頭痛
外傷または久病により脈絡が阻滞すると起こる。
急病入絡、または頭部外傷によりオ血内停、脈絡阻塞のため、オ血により生じる痛みの特徴をみる。
舌質紫、舌苔薄白、脈細または細渋はオ血内阻の証侯である。

4 腎虚に頭痛
髄海が空虚になると起こる。
脳は髄の海であり、腎は髄を司る。腎虚髄空のため、空感頭痛、眩暈、耳鳴りをみる。
舌質紅、舌苔少、脈細・無力は腎陰不足、心腎不交の証侯である。

5 気血両虚による頭痛
気虚のため清陽が頭部に昇らず、血虚のために頭部を栄養できないと起こる。
過労、久病、中気不足(中焦脾胃の気が虚弱な状態で運化機能が失調した病態)、清陽不昇、清竅不利、
肝血不足、上養不能のため、頭痛、眩暈をみる。
舌質淡、舌苔薄白、脈細弱は気血不足の証侯である。



古典より

東醫寶鑑 許浚著の頭痛の分類


外形篇券之一より
正頭痛
 
凡手之三陽從手走頭足之三陽從頭走足是手與足六陽之脈倶上于頭面也<霊枢>
凡の手之三陽に従い手より頭に走り、足之三陽に従い頭より足に走り、是れ手と足六陽之脈、従って頭面に
上がる也

三陽有頭痛三陰無頭痛惟厥陰脈與督脈會於巓故有頭痛少陰亦有頭痛但稀少耳<活人>
三陽に頭痛あり、三陰に頭痛なし、これ厥陰脈と督脈が会い、故に頭痛てっぺんに有り、少陰また頭痛有り、
ただ稀に少耳である

頭痛多主於痰痛甚者火多也有可吐者亦有可下者諸經氣滯亦作頭痛<丹心>
頭痛の多くは、主に痰痛、甚だしい者は火が多い也、吐くことある者はまた下す者は諸經氣が滞りまた頭痛
がおこる

頭痛連眼痛此風痰上攻須用ビャクシ開之<丹心>
頭痛に眼痛が連なり此れ風痰が上部を攻める。すべからくビャクシ(漢方薬)を用いれば開くべし

偏頭痛
偏頭痛者 頭半邊痛者是也<丹心>
偏頭痛の者は、頭の半辺が痛む者、是なり

如頭半寒痛者 偏頭痛也<丹心>
頭の半分が寒え、痛む者は、偏頭痛也

偏頭痛在右属痰属熱痰用ソウジュツ半夏熱用酒製片ゴン 在左風属血虚風用ケイガイ薄荷血用キュウ帰
芍薬酒黄栢<丹心>
偏頭痛が右属にあれば痰属し、熱痰はソウジュツ・半夏を用いる、熱は酒製・片ゴン(黄ゴンの別名)も用いる。
左属にあれば風と血虚に属す。風は荊芥・薄荷を用いる。血はキュウ帰・芍薬・酒黄栢を用いる

風寒頭痛
風寒傷上邪從外入客於經絡令人振寒頭痛或風寒之邪伏留陽經爲偏正頭痛宜三五七散
キュウ辛湯キュウシ香蘇散(方見寒門)如聖餠子<東垣>
風寒の外邪が上から傷し經絡に入り 振寒頭痛あるいは風寒の邪が伏留し陽經ないし偏正頭痛の場合、宜三五七散・
キュウ辛湯・キュウシ香蘇散・如聖餠子がよろしい。寒門を見る。

厥逆頭痛
當有所犯大寒内至骨髓髓者以腦爲主腦逆故令頭痛齒亦痛乃厥逆頭痛也宜羌活附子湯
大寒に犯され、骨髓の内に至り、髓の者は腦の以って脳を主るなり。脳に逆上し、頭痛と歯痛がれば厥逆頭痛也。
宜羌活附子湯を用いる。

厥者逆也邪氣逆上陽經而作痛甚則發厥頭痛齒亦痛宜白附子散
厥者は逆(気が上逆する)也。邪氣が逆上し陽經に痛が甚だしい発厥頭痛と齒痛の場合、白附子散を用いる
厥頭痛即腎厥巓頂痛不可忍宜玉眞丸<本事>
厥頭痛即(すなわち)腎厥巓頂痛で痛みが忍ばずときは玉眞丸を用いる

痰厥頭痛
頭痛毎發時兩頬黄眩運目不欲開P於言語身體沈重兀兀欲吐此厥陰太陰合病名曰痰厥頭痛宜服局方玉壺丸及半
夏白朮天麻湯<東垣>
頭痛が雨が降るときに起こる、頬黄、眩運(眩暈)目開かず、ものうい話し方身体が重く、吐きたい、
此れは厥陰・太陰が合わさった病をいう、痰厥頭痛は玉壺丸・半夏白朮天麻湯を用いる。

氣厥頭痛
氣血而邪氣逆上爲頭痛 頭痛耳鳴九竅不利兩太陽穴痛甚乃氣虚頭痛也宜順氣和中湯黄黄ギ益氣湯
血虚頭痛自魚尾上攻而爲痛宜當歸補血湯加味四物湯眉尖後近髮際曰魚尾
氣血倶頭痛宜加味調中益氣湯安神湯
大病後氣虚頭痛四柱散(方見大便)加茶一撮煎服
如氣上不下厥而爲痛宜キュウ烏散<入門>
気血の両虚、邪氣が逆上し頭痛が起こる。 頭痛・耳鳴・九竅が通じ、両太陽穴の痛身が甚だしい場合、気虚頭痛也。
順気和中湯黄ギ益氣湯を用いる。
血虚の頭痛は魚尾から上が攻められ、痛みをなす。當歸補血湯・加味四物湯を用いる。眉の尖から後、髮の発際を
魚尾(目じり)という。
気血共に虚の頭痛は加味調中益氣湯安神湯を用いる。
大病後に気虚の頭痛は四柱散を用いる。(大便をみる)加えて茶一撮煎服
気が上がる。下がらない痛みにキュウ烏散を用いる<入門>


熱厥頭痛
治頭痛煩熱雖冬天大寒猶喜風寒其痛暫止略來煖處或見烟火則其痛復作宜C上瀉火湯防風散<東垣>
頭痛し煩熱(発熱と同時胸苦しいこと) 冬の天気が大寒し風寒を好み、痛みがしばらく止まらず、暖かいところ、
あるいはすすをみれば、その痛みを繰り返す。C上瀉火湯防風散 を用いる。

眞頭痛
眞頭痛者頭痛甚腦盡痛手足寒至節死不治<霊樞>
眞頭痛の者は、頭痛甚だしく脳蓋し痛む、手足が冷え、死に至る。治らず。

眞頭痛者其痛上穿風府陷入泥丸宮不可以藥愈朝發夕死夕發朝死盖頭中人之根根氣先絶也<得效>
眞頭痛の者は其痛みは上に穴を開ける、風府に入る、泥丸宮(上部の丹田)不可 以って薬で癒えず、朝に発し夕に死す。
夕に発し朝に死す。
蓋し頭中の人。之根ざし、根ざせば気先に絶す也。

醉後頭痛
醉後頭痛取印堂攅竹足三里風門ダン中<綱目>
醉後頭痛は印堂・攅竹・足三里・風門・ダン中を取穴する。

inserted by FC2 system